ネットワークの効果


ネットワークを利用した環境

日々パソコンは、高機能・低価格化して、企業の中にも、また、家庭の中にも2台3台と多数のパソコンが置かれる様になってきています。そのような状況の中で、パソコンをネットワーク環境を取り入れて、コストの削減や作業の効率化・作業の分業統合化を始めて、職場の作業環境の改善に役立てたり、家庭でマルチメディアデータの共有環境をつくりゆとりの時間を楽しむようになってきました。

シンプルな例

  • 構成状況
    パソコンAとBがLANにてネットワーク接続され、プリンターがUSB等でパソコンに接続されています。
  • ファイルの共有環境
    パソコンAのファイルをパソコンBで利用可能、また、その逆の利用も可能です。
  • プリンターの使用環境
    パソコンBからプリンターに印刷可能です。
    しかし、パソコンAの電源が入り起動していなければいけません。
  • 構成状況
    パソコンAとB及びCがLANにてネットワーク接続され、プリンターがUSB等でパソコンに接続されています。
    パソコンCはAやBと別の部屋・別の階など離れています。
  • ファイルの共有環境
    パソコンAのファイルをパソコンBやCで利用可能、また、A・B・C相互間の利用も可能です。
  • プリンターの使用環境
    パソコンBやCからプリンターに印刷可能です。
    しかし、パソコンAの電源が入り起動していなければいけません。


プリンターをネットワーク環境に構成する。

  • 構成状況
    パソコンAとBがLANにてネットワーク接続され、プリンターは「プリンターサーバー」によって、
    ネットワーク接続されています。
  • ファイルの共有環境
    パソコンAのファイルをパソコンBで利用可能、また、その逆の利用も可能です。
  • プリンターの使用環境
    パソコンA・Bからプリンターに印刷可能です。
    「プリンターサーバー」が起動していれば、印刷を実行するパソコン以外が電源が落ちていても、
    印刷を実行出来ます。
  • 構成状況
    パソコンAとB及びCがLANにてネットワーク接続され、プリンターは「プリンターサーバー」によって、
    ネットワーク接続されています。パソコンCはAやBと別の部屋・別の階など離れています。
  • ファイルの共有環境
    パソコンAのファイルをパソコンBやCで利用可能、また、A・B・C相互間の利用も可能です。
  • プリンターの使用環境
    パソコンA・B・Cからプリンターに印刷可能です。
    「プリンターサーバー」が起動していれば、印刷を実行するパソコン以外が電源が落ちていても、
    印刷を実行出来ます